オイルを使うマッサージ

オイルを使うマッサージ

ベビーマッサージにはオイルを使うと効果的です 足と手マッサージ ベビーマッサージをするときは、オイルを使うととても効果的なんです。 それについて説明していきます。 赤ちゃんの肌はとってもデリケートなので、マッサージに潤滑油としてオイルを用いることで、摩擦を防ぐことが出来るんです。 そして、オイルにより手の滑りがとても良くなるので、滑らかに動きが出ます。 それによってリラックス効果がアップするんです。 赤ちゃんは体温調節機能が未だ低いので、オイルで幕を作る事で寒さや冷え、乾燥から体を守ることも出来ます。 おしりのマッサージをしながら、おしり全体にたっぷり塗ることで、オムツかぶれを防いだりする効果もあるんですよ。 オイルを使う場合は、オイルは植物性のオイルがおススメです。 植物性のオイルは肌に浸透します。栄養もあります。 植物性でも肌に刺激の少ない精製されたものを使用しましょう。
マッサージに使うオイル
刺激が強いと、デリケートな赤ちゃんの肌に湿疹を起こす要因となってしまうからです。 植物性でも酸化のしづらいオイルを選びましょう。 そして化粧品扱いのマッサージ用のオイルを使用しましょう。 あかちゃんはゆびしゃぶりをしたりするので、手や指に付いたオイルを口似れてしまう可能性があります。 そういった観点で口に入れても危なくないオイルを選んであげたいですね。 オイルを使うとまれに湿疹が出る赤ちゃんもいます。 4ヶ月くらいまではその可能性が高いです。 それは自己防衛反応であって、一日程度で消えれば大丈夫な場合が多いです。 初めてのものには反応を起こすことがあります。 マッサージをする前は必ずパッチテストを行うといいでしょう。 もし使い続けて酷くなるような時は使うのをやめたほうがいいです。 その場合はそのオイルの植物に足してアレルギーがある可能性があるからです。

ホームに戻る