ベビーマッサージの歴史

ベビーマッサージの歴史

日本のベビーマッサージの歴史について 現在赤ちゃんとママを繋ぐ、絆つくりに役立っているベビーマッサージですが、 実は日本のべ-マッサージの歴史は古く江戸時代頃は赤ちゃんへのマッサージは日常的に行われていたって知っていましたか? 当時は小児按摩と呼ばれており、それを専門とする治療院まであったそうです。 赤ちゃんから小学生くらいの子供を対象にしたその治療院では、病気の時はマッサージによって治療し、 病気の予防家健康の増進にも役立てていました。大変良い効果を得る治療法としていたとのことです。
ママさんマッサージ
第二次世界大戦から戦後にかけてアメリカで隆盛だった「触れない育児法」が取り入れられることによって、 この小児按摩は全国に広がって行ったそうです。 今でも昔の人は「炊きぐぜが付くから」といって子供をあまり抱っこしないように言う人がいますよね。 それはこの影響をを受けて育児をしていたお母さん達なんです。 でも、抱かないで愛情をたっぷり与えてもらえないで育った子は、自己肯定感が低くなったり、 親子の絆を作る時期にしっかりと絆を結べずに、不安で自信のないまま大人になってしまいます。 その結果心理的に不安定な大人になってしまうことが分かりました。 このことがあって現在は、見直され、スキンシップ重視の育児法が主流となってきています。 ママと子供のマッサージ ベビーマッサージはその絆を作る大変有効な手法の一つと言われています。 赤ちゃんとママの心を通わせる大切な時間を持つことで、その後の成長に大きな役立てとなっていくのです。

ホームに戻る