様々な種類のマッサージとその良し悪し

飲み過ぎた日や食べ過ぎが続いたとき、運動不足で体が重いとき、寝不足で疲れた時などにホットペッパービューティーで近くのマッサージ屋を調べてクーポンを探します。
手頃な値段でちょうど時間のタイミングが合えばすぐに行きます。また、スーパー銭湯などに入っているマッサージも受けます。
総じて月に一度はマッサージを受けています。

中華系の人がやっている繁華街などのマッサージ屋は深夜までやっていて安価ですが、衛生的にも不安です。技術もかなり人によって幅があると思います。
着替えスペースの目隠しがちゃんとされていなかったり、女性には特に不自由を感じるところがあります。
スーパー銭湯に入っているマッサージは年齢の高い人が多く技術もそれなりで丁寧ですが、やはり流れ作業のような印象が残ります。
国内の一流ホテルの部屋に来てくれるマッサージの方は技術も接客もしっかりしていますが、値段が高いためなかなかしょっちゅうはお願いできません。街のマッサージで自分に合うところを探します。

マッサージは必ずしも安かろう悪かろうでないですが、外観や内観が綺麗だからと言って技術の高い人がいるわけでもないです。
どこに行くにせよ、自分の好きなマッサージの強弱や箇所をしっかり伝えることが大切だと思います。

ホームに戻る

顔も身体も同じように凝ると自覚したフェイシャルマッサージ体験

20代の私は多分まだそこまで頻繁なマッサージが必要ないのかもしれませんが、それでも整体のマッサージ、そして全身のオイルマッサージは何度か経験しています。台湾で足裏マッサージも経験したことがありました。身体のマッサージは経験したことがあっても、つい最近まで「顔」のマッサージは経験したことがありませんでした。今年の春、北海道に旅行したときに泊まった旅館の中にエステの店舗があったので、そこで初めてエステでやってもらう顔のマッサージを経験したのでありました。

顔のマッサージ、と言ってもエステのフェイシャルなので、身体のマッサージのようにずっとマッサージをひっきりなしにするわけではありませんでした。顔をまずクレンジングしてもらい、保湿成分を色々と塗ってもらってからまずは振動する機会を顔の上からなでるように動かしてもらい、振動によるマッサージをしてもらいました。細かい振動で顔に塗ってもらった保湿成分が深く顔の肌に浸透するようにできているそうです。少しだけくすぐったいような感覚でしたが、手で思いっきりもみほぐすような感覚とはまた違う繊細さと気持ち良さを感じました。

それが終わったら今度はエステティシャンの手によるマッサージだったのですが、これが衝撃的に気持ち良かったです。額も頬も顎も首も、指の関節やげんこつや手の平などを使ってグリグリと揉みほぐしてくれたのですが、とくに頬の下が別格に気持ち良かったです。エステティシャンの方の話によると、顔も身体のように緊張すると固くなって凝ることがあるみたいです。緊張して話したりするときんど特にそうみたいです。そのとき、初めて顔も身体も同じように疲れたり凝ったりするのだということを知りました。身体のヨガだけではなく顔ヨガというのが最近流行っているのはこのためなのだと理解ができました。

エステに行く習慣はないのでとくにあれから定期的に顔のマッサージをしに行ってもらってはいませんが、身体の運動だけではなく、顔の運動も少しはするように、ネットで調べた顔ヨガを思い出したときにやるようになりました。また今度気分転換するときにでも入りやすいお店を見つけてフェイシャルのマッサージを堪能したいと思います。

ホームに戻る

根本的な改善にはならないそうな。

私は肩凝りです。
それはそれはひどい肩凝りで。肩凝りで頭痛も起こります。その頭痛が起きた時にはもう何もできませんし、したくありません。
あまりにひどいときにはやはりマッサージに行きます。近所の60分4000円でお釣りが来るような割りと通いやすい値段の。
その60分は至福の時間。
うつ伏せでマッサージしてもらっている時間はヨダレがたれるほど爆睡してしまう時もあります。
マッサージ師さんも『これはひどいね』とおっしゃるほど。
何となくスッキリして自宅に帰る。
次の日、やはり襲ってくる揉み返し…。
60分至福の時間。天国!
次の日の揉み返し。地獄。
そこのマッサージ屋さんに通うのは辞め
口コミのよかった違うお店に。
そこの店長さんにマッサージして頂けることに。
揉み返しのあったマッサージ屋さんとは違い、力が弱く大丈夫かなー?と思っていましたが
あれ?終わったあとのスッキリが違う!
次の日も揉み返しなし!
値段もさほど高くなく通っていました。
ある時、店長さんではなく違う方に施術を受けました。
力は店員さんよりもある。あー気持ちいいけどもしや?と思っていたら次の日揉み返し!
やはり上手な人は揉み返しが起こらないのですね。

ある時ジムに通いだしました。
そうすると肩凝りがピタッとなくなったのです。
要は運動不足で肩凝りが起きているのですね。
肩甲骨回りを動かす運動だったり、水泳をやることによって肩凝りは起こりにくくなりました。

ホームに戻る

マッサージに気持ちが乗らなくても行く?

うちの会社は土曜日曜日はお休みのいわゆる週休二日制なのですが、しかし土曜日が休みだからといって、土曜日の朝にマッサージを入れてしまうと、既にもう「マッサージに行くのがだるい」ということにもなるわけです。

ですから私的な「マッサージへ行くタイミング選び」のポイントとしては、土曜日の夜か日曜日の朝です。まあ、「土曜日の夜に飲みに行くので日曜日の朝のマッサージはだるい」と思う人もいるのかもしれませんけれど、私の生活のタイミングでは土曜日の夜あたりがちょうどいいのですよね。

しかも土曜日の夕方や夜って意外と空いている時間だったりするのです。ですから予約を入れるのもスムーズですからね。私が通っているマッサージ店は整体よりの方なので、エステティックサロンの痩身マッサージばりに予約でいっぱいというわけではありませんし。

それにそもそも、マッサージ自体が「行く気がないなら通わなくていい」ものだと思っていますので。こちらも考え方はさまざまかと思いますので、「無理にでもマッサージ店に行ってそして身体を楽にしてもらう」という人もいることでしょう。しかし私の場合は気分が乗らなかったら行きたくないなーと思ってしまいますので。

けれど、マッサージ師さんによれば筋肉痛の時ほど来た方がいいとも言いますので、時には無理にでも行った方がいいのでしょうか。

ホームに戻る

マッサージの技術は人によってこんなに違うの?!

2週間に一度の自分へのご褒美、いつものマッサージ店へ。でもその日に限って毎回担当してくれる方が、なんとインフルエンザでお休み!体はとにかく疲れていたので、とりあえず別の方が担当でも…と思い受付をし、店内へ。
そこで今日担当してくれる方がご挨拶。かなり大柄な男性で!体格もがっちり。強揉み希望の私としてはかなり期待大です!いつもの方より良いかも…なんて期待しながらマッサージベットへ。
至福の時だわ~と気持ちよく横になったまでは良かったのですが、その男性のマッサージが…「全然効いてない…何コレ…」もちろん言葉には出しませんでしたが、小さい子供に押されているような感じで、プロがやってるとは思えないんです。
もしかして最初は様子を見てるのかな?とも思い、「もっと強く押してもらって大丈夫ですよ~」と伝えましたが、その後も強さは変化なし。でもその人は強く押そうと、一生懸命指に力を入れてる感じなんですよね。かわいそうになっちゃって、私もそれ以上言っても無理だと察し、その日はあきらめました。終わった後は私の物足りなさは半端ないのに、その男性は汗ダラダラで…ちょっと引きましたよね。もちろん次は1週間後にいつもの方にマッサージしてもらいましたよ。やっぱり気持ち良い!そんな中、別のベットでは、例の男性が気の強そうなマダムの担当をしていましたが、やっぱり「もっと強く!」と何回も言われていました。正直そのマッサージ店も、もう少し技術が身についてからお客さんの担当につければ良いのに…と思いました。同じ料金で、こんなに技術が違うのってお客側からすると騙された感じがしちゃいますよね。マッサージする側にランク付けしてくれるとわかりやすいのにな~と思っちゃいました!

ホームに戻る

ベビーマッサージで赤ちゃんとの結び付きが強くなりました。

まだ言葉も話せない赤ちゃんと、どうやってコミュニケーションを取ればいいのかが悩みでした。ベビーマッサージを受けている時の赤ちゃんが楽しそうに、手足をバタバタさせて喜んでくれているのを見て、私の気持ちが伝わっているように感じられて母親として自信が持てるようになりました。また寝返りができるまでの赤ちゃんは、1日中ずっと仰向けでいなければならないので、ベビーマッサージをすると軽く運動したような感じで血流がよくなるみたいで、ベビーマッサージ後はぐっすり眠ってくれて、赤ちゃんも、しっかりと眠ることでスッキリするし、ママも休めるので助かりました。
また赤ちゃんの体をベビーマッサージで全身触ってあげると、色んな刺激が脳に伝わるのからなのか、赤ちゃんの表情が豊かになりました。
私が育児に疲れた時にベビーマッサージをして赤ちゃんに触れることで、可愛いなぁという気持ちが沸き上がってきて元気がでるので、赤ちゃんをより大切にすることができました。
赤ちゃんも、ベビーマッサージを受けることで、自分が大切にされている事を感じるようで信頼感を築けたみたいで、喃語や泣き声で自分の気持ちを一生懸命伝えてくれるようになり、心の成長にも効果があったと思います。

ホームに戻る

ベビーマッサージの思い出

地元に大きな子育て支援の団体があります。子供がまだ小さい時にそちらの団体が公民館で主催するベビーマッサージの講座を受講したことがあります。
講座としてはとてもよかったですし、ベビーマッサージもとても楽しかったのですが、その講座以外には機会がなく、ベビーマッサージをしたのはその1回のみとなります。
子供が大きくなった今となっては、もっとやっておけばよかったなと思っています。

講座ですが、公民館の一室を借り、講師の先生を呼んで教わりながら実際に子供にマッサージをするというものでした。
また、開催日は日曜日で両親ともに参加くださいとの文言があったことから、自分たちは夫婦で参加しましたし、他の参加者の方も全員夫婦での参加でした。
講師の方が人形を使ったり、主催の方のお子さんをそのお母さんと実際にマッサージしながら教えてくれました。
あまりお勧めできないやり方は当然人形を使っておられました。
また、実際に使用しているオイルについて詳細を教えていただけました。その場で、そのオイルをちょっとずつ分けていただきながら実際にオイルでのマッサージも行いました。

自分も主人もこういったことは初めてですし、初めての子供でしたので、なれない手つきでびくびくしながらずっとマッサージしていました。
そんな状態でも子供が気持ちいいという感じがわかったのがとても嬉しかったこと。それが今でもはっきり覚えています。

ホームに戻る

赤ちゃんとの絆を深めるベビーマッサージ

自分の子供が赤ちゃんのときに(生後4カ月頃?)スポーツクラブの講座として行っているベビーマッサージ受けていました。

「ベビーマッサージをすると親子関係が良くなる。そして、そのベビーマッサージ効果は子供が大きくなっても続く」と聞きました。

もともと赤ちゃんはお母さんのことが大好きですが、マッサージをすることにより、より満足・安心してさらにお母さんのことが好きになり、どんどん親子の絆が深まるそうです。

その先生曰く、「お母さんからベビーマッサージを受けていた子供は、反抗期がない」と聞きました。

実際に赤ちゃんを産むと、自宅にこもりがちで‥‥
何か出かける口実や、きちんとした約束がないと軽い引きこもり状態になってしまいます。

それを避けるために、習い事はとても効果的だと思いました。

毎週同じ時間に同じメンバーに会うので、親同士も次第に仲良くなり、赤ちゃんの大変さや悩みについて相談し合うようになりました。

子供同士はというと‥‥
まだまだ小さい赤ちゃん同士なので、友達になると言う感じにはなりませんが、小さいながらにお互い顔を見合わせてニコニコしていたり触り合ったりしていました。
それが赤ちゃんなりのコミュニケーションなんだと思います。

そのコミュニケーション方法が、まさにベビーマッサージと同じだと思いました。

マッサージの方法としては、赤ちゃんに声かけをしながら優しく手のひらで擦るような感じです。
触る前に必ず顔を見て声かけすることで、赤ちゃんが安心するそうです。

お腹の周りを指でトントントントンと軽く叩いてあげることで、赤ちゃんに起こりがちな便秘も解消できるそうです。

何も難しい事はなかったので、習い事として行わなくても、ご自宅で愛情もって赤ちゃんをマッサージするでも良いと思います。

ホームに戻る

ベビーマッサージは親子の気持ちが通じ合うコミュニケーション

区民祭りの子育てイベントで、ベビーマッサージの体験をした事があります。

当時第二子が生後7ヶ月。
ベビーマッサージの資格を持った方が指導してくれ、親が子をマッサージする形でした。

私の子供はアトピーなので、毎日朝とお風呂上りに保湿剤を塗っているのですが、オイルを使用してのちゃんとしたベビーマッサージは初めて。
ワクワクしました。

ベビーマッサージに大切なのは、赤ちゃんのペースに合わせる事。
赤ちゃんが楽しくて、気持ちが良いと思える強さが丁度良いのだそうです。
マッサージの仕方には、マニュアルのようなものがあり、赤ちゃんの血行を良くしたり、肌を保湿するという効果が期待されるのですが、最も重要なのは、赤ちゃんと母親の肌と肌の触れ合い。
赤ちゃんは、母親の手に触れられることで安心してリラックスし、親子の絆が強まるのだと説明を受けました。

子供は仰向けになりながらも、周囲の様子が気になるようでキョロキョロしていましたが、マッサージを始めると、私の顔を見てニコニコと喜んでくれました。
私も、嬉しそうな子供の様子を見て、幸せな気持ちになれました。
私たち以外に参加していた親子も、中にはちょっと泣いてしまった赤ちゃんもいましたが、殆どの親子が楽しそうに和やかな雰囲気。

ベビーマッサージは、親子の気持ちが通じ合う、素敵なコミュニケーション方法だと感じました。

ホームに戻る

ベビーマッサージでママも赤ちゃんもリラックス

出産をした病院でお試し券をもらい、ベビーマッサージに参加しました。初めての出産でどう子育てをすればよいかわからない私にとって、先輩ママや助産師さんたちと話をすることができるその場はすごく居心地が良かったです。ベビーマッサージの仕方ももちろんですが、子供がちゃんと授乳できているか?体重は増えているかなども見てくれて安心することができました。ベビーマッサージは赤ちゃんの股関節や肩の関節などを優しく動かしてあげることがメインでした。優しく声をかけてあげながら、ゆっくりマッサージをしてあげると、赤ちゃんも自然とニッコリ笑っていました。気持ちがいいのと、ママとのふれ合いが嬉しいようです。月齢が進むと、両手をゆっくり引っ張って、首を持ち上げる練習。もちろん何をしなくても子供は成長しますが、振り合うことで赤ちゃんとのコミュニケーションもとれて、なにより私の心はとてもリラックスしていました。ベビーオイルを使って全身をマッサージしてあげるのも喜んでいましたよ。私の子は生まれてすぐに便秘になり、一週間ウンチが出ないこともありましたが、オイルでお腹を優しくなでてあげることで、ウンチが出るようにもなりました。日中、家で一人で子育てをしているなら、近くのベビーマッサージに出かけてママも赤ちゃんもリラックスすることをお勧めします。

ホームに戻る