時期限定の幸せふれあい時間

出産した、総合病院の産婦人科は出産前からいいと言われている物を看護婦さんの指導で興味のある人に無料で体験させてくれていました。出産前はマタニティヨガをやっていました。そんな色々な事を指導してくれる中で出産後にベビーマッサージがありました。最初はどんな物なのかイマイチ理解できていなかったのですが、入院している時に担当の方に勧めていただいてので参加してみる事にしました。指導料はなく、最初に使用するオイルだけ購入。保湿力が高く肌にとても優しいという物だとの事でした。
私の他にも同じ何組か参加していました。オイルを子供に優しく塗ってマッサージしていく…最初はおっかなびっくりだったのですが何度かやっている内に加減がわかってきて子供も気持ち良さそうにしていました。
何より、私も子供のすべすべの肌にオイルを手で塗っていくので気持ちよかったです。
外出時以外は布おむつを使用していたので、洗濯も多く手も少しかさついていたのですが、私の手もオイルが保湿してくれて症状が軽くなりました。
子供はお腹と背中のマッサージの時が特にご機嫌でした。
このマッサージのおかげか、子供は全く便秘もなく、布おむつという神おむつに対して蒸れて肌荒れしやすそうなのにほとんど赤く肌荒れしたりする事もありませんでした。
もう子供は大きくなってこのマッサージは出来ませんが、ベビーマッサージの時の無垢な笑顔は今でも覚えています。
肌にも良く、ふれあいの時間にもなる。子供が小さい期間だけのマッサージですが、親にとっては忘れられない幸せな時間でした。

ホームに戻る

我が家のベビーマッサージ体験談

私は30代後半の主婦。二人の子供を20代後半で出産したのですが、子供がねんねの頃にベビーマッサージをしてあげていました。

ベビーマッサージのきっかけは子供の便秘です。馴染みの保健師さんに相談したところ、子供とのコミュニケーションも兼ねて、赤ちゃんの便通もよくなるから実践してみて!とアドバイスされ、市内のベビーマッサージ教室を紹介されました。

実際教室に行ってみると、私の他にも多くの新米ママさんたちが来ていて、皆ニコニコと赤ちゃんと対面し、温かい家庭的な雰囲気の中でベビーマッサージのやり方を教えてもらい、子供との時間を楽しんでいるようでした。その当時子供の便秘のことや、育児を頑張りすぎていて多少疲れを感じていた私。ベビーマッサージはそんな私の心をも解きほぐしてくれるように思えました。

何度か教室に通ううちに、私もベビーマッサージを家庭でも上手くできるようになり、習慣として取り入れるようになっていきました。その頃になると最初子供の便秘で悩んでいたことなど忘れてしまったかのように、子供も便通がよくなっていましたし、私の緊張やストレスが緩和したのが子供にも伝わるのか、以前と比べて夜泣きやぐずりも少なくなりました。

ベビーマッサージを覚えて、子供たちとの距離が上手く取れるようになったと思います。育児疲れを感じているママには特におススメしたい時間ですね。

ホームに戻る

ベビーマッサージは効果あり!でもやらせてもらえるかは別問題。

子供が生後4か月の時から通っていた地域の子育て支援センターで、定期的に講師を招いてベビーマッサージの講習会を開催していました。生後6ヶ月あたりから、昼寝前の寝ぐずりがひどくなってきたので、子供がリラックスしてお昼寝できるような方法を求めてベビーマッサージの講習会に参加することにしました。
ベビーマッサージは大人のマッサージとは違って、押したり揉んだりするのではなく、どちらかというと擦ってあげるぐらいの力で子供を寝かせた状態で手足やお腹、背中をマッサージしていくという話だったのですが、私の子供は神経質な子だったので自宅以外の床で寝転ぶのも嫌、裸になるのも嫌、ママから離れるのがとにかく嫌で、終始大泣きのまま講習会が終わってしまい、話を聞くことしかできませんでした。
講習会で聞いたことを自宅で実践してみようとしましたが、やはり裸で床に寝転んで触られるのが病院を連想させるのか、本当に嫌がり全くできませんでした。でも他のママの話を聞くと、マッサージ中に気持ちよくてそのまま寝てしまう子や便秘が解消された子もいるようで、ベビーマッサージ自体に効果はあるようです。私の子供のように嫌がる子もいるので、寝転ばずにできる方法や服を脱がさずできる方法があればいいなと思います。

ホームに戻る

パパと一緒のベビーマッサージ

地域の公民館で募集されていた、パパも含めたベビーマッサージの講座に参加してきました。
アロマを使って、先生に教えてもらいながらベビーマッサージをしました。
全部で参加人数は15組ほどでした。
裸がいいということで、オムツも外して下にシートを引いて行いました。
部屋を暖かくし、赤ちゃんたちが寒くないようにセットされていました。
子どもに話しかけながらお腹、足、手などをマッサージしていきました。
始めは泣いていた他の赤ちゃんもベビーマッサージが気持ちいいのかいつの間にか泣き止んでいました。
落ち着かずバタバタ動き回っていた赤ちゃんもパパ、ママにされるがままになっていました。
赤ちゃんも私も夫もだんだん肌がマッサージすることで暖まってきて、気持ちよくなりました。
直接肌と肌が触れ合うので、子どもも私たちもリラックスしました。
私の娘は施術中おしっこをすることなく、終えました。
終わった後は、子どもにしっかり水分補給をさせました。
マッサージで疲れたのか、帰る途中、娘はぐっすり眠っていました。
特に夫は、普段どう赤ちゃんと接していいかまだ戸惑っていたので、参加して娘と触れ合えたのがとても楽しかったようです。
その後家でもマッサージを実践しています。

ホームに戻る

育児中のマッサージで心身共にリラックス

産後5ヶ月経った頃、赤ちゃんへの授乳や抱っこなどで全身、特に肩や背中の懲りを感じたのでマッサージを受けに行きました。整体などではなく、全国展開しているラフィネというマッサージサロンです。大きなショッピングセンターの中にあり、時間も10分から予約が取れるので、その手軽さが気に入って時々通っていました。
一度カイロプラクティックにも行った事があるのですが、問診などが多い割に満足の行く診察が受けられなかった事、何ども通うように言われる事などから私には合わないと思って断念してしまいました。きちんと診察を受けて、指示通りに通えば体の歪みなどは改善されるのかもしれませんが、保険適用外なので毎回通うとなると値段がかなりかかってしまいます。それよりは、自分の体調に合わせて、好きな時に好きなコースを選べるマッサージの方が私は好きです。
整体などのような強いマッサージが好きな人には向かないかもしれませんが、アロマオイルを使ったフットマッサージやソフトなタッチでのマッサージが私は気に入っています。上半身を主に、全身のマッサージを40分受けました。とても気持ちが良くて寝てしまいそうでしたが、首や肩は時々痛みを感じました。強い力のマッサージでは無いので、よほど凝っていたのだと思います。
マッサージを受けた後は、好みのハーブティーがサービスされます。ハーブティーには詳しくなくても、自分の気になる症状別のハーブティーを紹介してくれます。マッサージを受けた後は、血流がめまぐるしく良くなるせいか、毎回軽くフラフラしまが、。水分補給も兼ねたハーブティーでシャキッとする事が出来ます。
育児中、特に産後1年くらいは、心身共に疲れが溜まる時期なので、こうやって定期的に自分をメンテナンスをしてあげる事が本当に大切だと思っています。

ホームに戻る