赤ちゃんとの絆を深めるベビーマッサージ

赤ちゃんとの絆を深めるベビーマッサージ

12 10月, 2016

自分の子供が赤ちゃんのときに(生後4カ月頃?)スポーツクラブの講座として行っているベビーマッサージ受けていました。

「ベビーマッサージをすると親子関係が良くなる。そして、そのベビーマッサージ効果は子供が大きくなっても続く」と聞きました。

もともと赤ちゃんはお母さんのことが大好きですが、マッサージをすることにより、より満足・安心してさらにお母さんのことが好きになり、どんどん親子の絆が深まるそうです。

その先生曰く、「お母さんからベビーマッサージを受けていた子供は、反抗期がない」と聞きました。

実際に赤ちゃんを産むと、自宅にこもりがちで‥‥
何か出かける口実や、きちんとした約束がないと軽い引きこもり状態になってしまいます。

それを避けるために、習い事はとても効果的だと思いました。

毎週同じ時間に同じメンバーに会うので、親同士も次第に仲良くなり、赤ちゃんの大変さや悩みについて相談し合うようになりました。

子供同士はというと‥‥
まだまだ小さい赤ちゃん同士なので、友達になると言う感じにはなりませんが、小さいながらにお互い顔を見合わせてニコニコしていたり触り合ったりしていました。
それが赤ちゃんなりのコミュニケーションなんだと思います。

そのコミュニケーション方法が、まさにベビーマッサージと同じだと思いました。

マッサージの方法としては、赤ちゃんに声かけをしながら優しく手のひらで擦るような感じです。
触る前に必ず顔を見て声かけすることで、赤ちゃんが安心するそうです。

お腹の周りを指でトントントントンと軽く叩いてあげることで、赤ちゃんに起こりがちな便秘も解消できるそうです。

何も難しい事はなかったので、習い事として行わなくても、ご自宅で愛情もって赤ちゃんをマッサージするでも良いと思います。

ホームに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です